なんでもドアブログ

  • TOP
  • > なんでもドアブログ

2018.12.27:バスローとうさん

冬休み

 

冬休みになったけれど、みんな元気にしているかな?
幼稚園の小鳥、うさぎもたくさん遊んで
ご飯をもりもり食べて、毎日元気に過ごしているよ!
みんながお世話してくれている、カブトムシの幼虫のお家を大掃除したぞ!
土の中を見てみると新しい赤ちゃん幼虫がたくさん産まれていたんだ!
はやくかっこいいカブトムシに会いたいな!
1月にみんなと会えることを楽しみにしているぞ!
今年もありがとうございました!

 

2018.12.21:バスローとうさん

みんなで 大 掃 除!!

 

もうすぐ新しい年が始まるぞ!
さっそくみんなで力を合わせて大掃除!!!
ホールと園庭に分かれていつも使っていたおもちゃをピカピカにしたぞ!

ホールのおもちゃは雑巾でふきふき♪
「こっちは私がふくね!」「そっちはよろしく!」

園庭のおもちゃはお湯につけて洗ったぞ!
「これドロドロやぁ」「ゴシゴシこすったらきれいになるよ!」
キレイになると気持ちがいいね!!

今年もお世話になりました。ありがとう♪(●^o^●)
来年もよろしく!!

 

2018.12.20:謎のホッパー

保護者会ソーイング部 クリスマスリースサロン   保護者会

 

11月16日と29日、12月3日の3日間にわたり商大幼稚園保育センターにて、保護者会ソーイング部によるクリスマスリースサロンが行われました。3日間で合計35名のお母さんが参加されました。

保育センターの3階の扉を開けると、ふんわりと心地いい香りがし、壁にクリスマスリースが掛けられ、部屋の中央の机にはドライフラワーやボタニカルキャンドルが置かれ、まるでおしゃれな雑貨屋さんに立ち寄った雰囲気です。参加されたお母さんからは、「めっちゃおしゃれ!」「えー、できるかなぁ。」とサロンが始まる前からウキウキされていました。

作業台にはソーイング部さんが作られた完成見本のボタニカルリースと、一人ずつの作業スペースには、おしゃれなラッピングペーパーが敷かれ、その上にはおもてなしの心のこもったドライラベンダーが1輪添えられたお手製リースキットが配置されています。
部員さんから簡単に説明があり製作が始まりました。まず土台にベースとなるグリーンを貼り、用意して下さった花材を好きなようにレイアウトしていくという作業です。ドライフルーツ、木の実、ユーカリの葉等、色とりどりの沢山の花材を眺めているだけでわくわくします。わからないことは、お手製の大きなシュシュをつけた部員さんにすぐに質問することができ、花材の付け方のコツなど説明されていました。
参加されたお母さん達も、自宅のどこに飾ろうかな、子どもが喜ぶかな、など様々な思いを込めて作品を仕上げていきます。未就園児のお子さんと参加されたお母さんも、部員さんが抱っこして遊んで下さり、またお子さんと一緒に花材を配置した方もおられ、終始和やかな雰囲気です。同じ花材を使っても、カジュアルだったり、エレガントだったり、いろいろな表情のオリジナルリースが完成しました。
最後は、パーツが落ちないように部員さんが仕上げの固定作業をしてくれました。そして、ケースに入れリボンをかけ、ラッピングをしてくれるのですが、まるでお店で購入したような素敵な仕上がりでした。参加されたお母さんも、「この参加費でこんなに豪華なリースが出来るなんて!」「ラッピングが素敵だからこのまま飾ろうかな?」と全員の方が笑顔で帰られていきました。
ハンドメイドに興味があっても、家事や育児の合間にサロンに通うことは難しいお母さん方も、幼稚園でリーズナブルにしかも短時間で参加できるハンドメイドサロンは、自分へのご褒美の時間となったと思います。
今回のリースサロンは予定より沢山の申し込みがあり、大量購入の卸で安く材料も購入することが出来たそうです。
企画・試作をし、材料購入の工夫、会場の雰囲気作り、数々の準備に時間を割いて下さったソーイング部さん、このような楽しくておしゃれなサロンを開催して頂きありがとうございました。

 

2018.12.19:ログかあさん

【年長組】 クリスマス会ごっこ(合奏)

 

12月12日にクリスマス会があったの。年長組さんは本物のろうそくの火を持ってキャンドルサービスをしたり、合奏で『よろこびの歌』を演奏したりして、それぞれの力を発揮して、みんなの気持ち合わせて頑張ってたよ!!

商大幼稚園は本番が終わっても、終わりじゃないんだね。
クリスマス会が終わったら、年長組さんは、合奏でクリスマス会ごっこをするんだよ。

まずは、本番を思い出して、本番通りの楽器で演奏して、次は自分がしたかった楽器が出来なかった人は、まずその楽器を演奏したんだ。それから、何回、合奏ごっこをしたと思いますか?なんと10回も合奏ごっこをしたんだって。子どもたちは大満足、自分の楽器ではなくても、上手に演奏していて、お友だちのしているのを見ていたんだね。

年長組さんたちは、それぞれの役割を一生懸命になって、一つになって頑張ってたね。

サンタさんも来てくれて、演奏も聴いてくれていたみたい。今度はみんなのおうちにきっときてくれるでしょうね(*^_^*)

 

2018.12.11:謎のホッパー

第64回商大幼稚園運動会     保護者会

 

10月13日爽やかな秋晴れの中、第64回商大幼稚園運動会が開催されました。

年少さんにとって初めての運動会。保護者と離れ、広いグランドを一生懸命歩く姿は本当に微笑ましく、入場すると会場からは自然と拍手がおこります。乾布摩擦では、ピンクTシャツを脱ぐことも畳むことも一生懸命な姿や、まわりにあわせて楽しそうに動く姿に、入園当初と比べ成長した姿に胸が熱くなったことでしょう。
「うちゅうへGO!!」では、お父さん、お母さんのところへ笑顔でかけて行き、「はじめての炭酸」のダンスでとても可愛い姿を見せてくれました。

年中さんの最初の競技はかけっこです。名前をよばれて、大きな声で返事をし、とても堂々とした姿です。『負けないぞ!速く走りたいな!』という気持ちもうまれたことでしょう。
そして、みんなで呼吸を合わせ大きな布を操るパラバルーンは、何度見ても感動します。お友だちと協力し、出来上がったとびきり大きなバルーンは、会場全体にたくさんの元気を届けてくれました。演技だけでなく、最後のお片付けもしっかりできるようになりました。年少さんではみられなかった頼もしい姿に、この一年の心と体の成長を感じ、目が熱くなりました。

年長さんはまずリレーです。どんな順番で走るのか、誰がアンカーになるのか、作戦会議をし、バトンをつなぎ一生懸命ゴールを目指しました。会場全員で応援し大きな歓声が上がりました。
そして、一年前の運動会から憧れていたリボン体操とカラーガード。少し緊張した表情で入場。青い空にピンク色と水色のリボンが綺麗に絵を描き、見ている人が優雅な気持ちになるようなダンスでした。カラーガードでは、声を掛け合って綺麗に整列し、ポーズを決め、たくましくてかっこいい姿を見せてくれました。毎日の練習でたくさん努力したことが真剣な表情から伝わってきます。最後にカラーガードとリボンが並んで退場していく姿は達成感にみちて、曲目通りまさに商大幼稚園の“ヒーロー”でした!

親子競技や、未就園児の競技、小学生のボールリレー、祖父母参加の玉入れは子どもたちも元気いっぱい応援し、家族全員で楽しみ、とても盛り上がりました。
今回の運動会は、年長さんが進行のお手伝いとしてプログラムを伝えたり、体操の時は皆の前でお手本をしたり、小さい組さんが憧れる活躍を見せてくれました。

子どもたちは毎日一生懸命練習を重ねたことと思います。最初はできなかったことができるようになったり、諦めようとした心を乗り越えたり、お友達と一緒に力を合わせる気持ちが芽生えたり、たくさんの経験が自信という力になったことと思います。
一生懸命頑張る子どもたちの姿は、日頃より子どもの成長を見守るすべての方にとって最高のプレゼントとなりました。輝いている姿は忘れることはないでしょう。

最後になりますが、子どもたちの心が一つになるよう熱心にご指導頂いた先生方、準備にご尽力頂いた保護者の皆様、素晴らしい運動会を開催して頂き本当にありがとうございました。

 

2018.12.05:謎のホッパー

保護者会クッキング部     保護者会

 

11月1日・6日、保護者会クッキング部主催による料理教室が
近鉄今里駅にある“舟島料理教室”で開催されました。

普段から料理の指導をなさっている先生の説明は、分かりやすく、
笑いと活力がみなぎっています。
付け慣れない三角巾とエプロンをして少し緊張気味の22人のお母さん達も
その世界に引き込まれていきます。

はじまりは、カスタードプディング。
ほろ苦いカラメルソースにキメ細い口当たりで濃厚な味のプディングは、
使う材料が少しだけにも拘らず、少しの気遣った調理方法で美味しく出来上がります。
プディングを冷やしている間にメキシカンライスの作業に移ります。
今回は、“皆さん小さなお子さんがいるので辛くない仕上がりに”
と先生が提案して下さったのでカレー風味のメキシカンライスです。
お鍋でお米を炊く方法では、米の浸水時間や水加減等
ポイントとなる説明をしてくれます。
蒸らしている鍋からは、食欲をそそるカレ−のいい香りがしてきます。
そしてもう一品は、ミネストローネです。
出来上がりの見栄えと火の通りを良くする事を考えて、
全ての具材を小さく切り揃えます。
皆さん包丁はいつも家庭で使っているはずなのに教室では何故だか少しだけ緊張気味です。
灰汁を上手に取るコツや、調理器具の扱い方等、
お母さん達の調理の間にも、より良い方法を都度都度教えて頂きます。
そして料理をお皿に盛りつけ、ついに試食タイムです。

温かく綺麗に盛られた料理、お母さん達の楽しい会話で、テーブルは賑やかです。
“どれもすごく美味しい!”
“家でも作ってみたい!”
と話をしているお母さんの声があちこちで聞こえてきます。
教室の先生方も笑顔で応えて下さいます。

クッキング部主催の料理教室は、大成功でした。
料理を覚えるとてもいい経験になりました。
教室の先生、教室のスタッフの方、クッキング部員の方には、
企画から準備までお世話になり、本当にありがとうございました。

 

2018.12.03:ケータ

お当番がんばるぞ!

 

 「きょう、ぼくおとうばんー!!」「ことりさんのおせわにきたよ!」
年少組さんの元気な声が聞こえてきた!
毎日お当番さんが順番に幼稚園のことりさんやカメさんのお世話をしているんだよ。

 お水をきれいにしたり、ご飯を入れたり、新聞紙を新しくしたりたくさんのおしごとがあるんだよ!
 「よいしょ、よいしょ」「こぼしちゃいそう!!」
みんなで力を合わせてことりさん、カメさんのお家をぴかぴかにするんだー(^O^)

カメさんは冬になるとご飯を少ししか食べなくなるんだって。
暖かくなってご飯をモリモリ食べてくれるのが楽しみだね!