なんでもドアブログ

  • TOP
  • > なんでもドアブログ

2017.12.26:ログかあさん

冬休みが始まったよ!

 

12月22日に終業式があったよ。
2学期は色々なことがあったね。
運動会に、年長組さんの1泊保育、クリスマス会・・・
ひとつ終わるごとにみんなは、どんどんお兄さんお姉さんになってきたね。

ちょっと前の話・・・
12月13日のクリスマス会が終わって、21日、年長組さんは合奏ごっこをしたんだ。
本番にした楽器じゃなくて、色んな楽器を演奏したんだ。練習をしていなくでも、友だちのしているのを
みていたのか、みんなで合わせると、「よろこびのうた」が完成!! すごいなぁ。
何回も何回もして、合奏ごっこ大満足(*^。^*)

21日は幼稚園みんなで、1年間お世話になった、遊具に感謝をこめて、大掃除!
園庭のおもちゃもきれいに洗ってピッカピカ(^v^)

これで、新年も気持ち良く迎えられるね!(^^)!

皆様、今年一年、お世話になりました。ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

 

2017.12.06:謎のホッパー

第3回 保護者会ソ−イングサロン部     保護者会

 

11月7日・17日、商大幼稚園保育センター3階にてソ−イングサロン部主催の会が開かれました。
今回は、2日間で23名の沢山のママさんが参加されました。
中には、2日共参加された方も。
年長のママさんが多かったのは、来年から通う小学校の準備を考えてかも知れません。
内容は、マスクとシュシュの制作と園グッズの補修でした。

各自持参された布とサロンの方が用意してくれていた布で机の上が華やかに。
素敵に出来るか少し緊張しながら、サロンで用意された型紙を模った布を切るママさん達。
その後ろでは、腕にパッチワ−クのシュシュをつけたサロンの部員、シュシュ隊の方達が見守ってくれています。

マスクは、普段余り裁縫をしない方でも短時間で簡単に仕上がり、
最後の耳に掛けるゴムをつける作業の頃には、
「もう1つ洗い替えに作れちゃう?」と2つ目を。

シュシュは、女の子をもつママさんに大人気でした。
シュシュ隊の方から輪の縫い方の説明を受けるママさん達は、少しどうなるのか不安に思いながら裏地の布にミシンを走らせます。
返し口から表地の布を引き出したらもうシュシュになっていてさっきまで緊張していた顔がほころびます。
輪が出来るとより可愛くする為にリボンも作ってつけちゃいます。
「布の柄で印象が変わるのね。コツも掴んだし一人で出来ちゃう?」と2個・3個と作るママさんも。
ママさん達のシュシュが出来る度、布で華やかだった机に花が咲いた様でより華やかな彩りに。

制服ズボン等のゴム替えしているママさんや、園内着のアップリケを付けているママさん。
各々で直したい物を持って来て、シュシュ隊の方に相談しては、チクチクチクチク。

「こんな機会があったら、家ではなかなかしないお直しもはかどったわ。」
小さいお子さんのいるママさんは、
「シュシュ隊の方が子どもの相手をしてくれるので、ゆっくりミシンに取り組めたわ。」
と満足いっぱいに終える事が出来ました。

出来上がった作品はどれもとても可愛くて、作品を持って帰っていくママさんも素敵な笑顔でした。
きっと家では、子ども達に喜んでもらえたと思います。

ソーイングサロン部担当の方には、企画、準備、そして当日のフォローまでお世話になり、
本当にありがとうございました。

次回の保護者会ソ−イングサロン部は、3学期に年長さん対象で小学校グッズを予定しているそうです。
裁縫が苦手な方も気軽にサロンを覗いてみて下さいね。