なんでもドアブログ

  • TOP
  • > なんでもドアブログ

2017.12.06:謎のホッパー

第3回 保護者会ソ−イングサロン部     保護者会

 

11月7日・17日、商大幼稚園保育センター3階にてソ−イングサロン部主催の会が開かれました。
今回は、2日間で23名の沢山のママさんが参加されました。
中には、2日共参加された方も。
年長のママさんが多かったのは、来年から通う小学校の準備を考えてかも知れません。
内容は、マスクとシュシュの制作と園グッズの補修でした。

各自持参された布とサロンの方が用意してくれていた布で机の上が華やかに。
素敵に出来るか少し緊張しながら、サロンで用意された型紙を模った布を切るママさん達。
その後ろでは、腕にパッチワ−クのシュシュをつけたサロンの部員、シュシュ隊の方達が見守ってくれています。

マスクは、普段余り裁縫をしない方でも短時間で簡単に仕上がり、
最後の耳に掛けるゴムをつける作業の頃には、
「もう1つ洗い替えに作れちゃう?」と2つ目を。

シュシュは、女の子をもつママさんに大人気でした。
シュシュ隊の方から輪の縫い方の説明を受けるママさん達は、少しどうなるのか不安に思いながら裏地の布にミシンを走らせます。
返し口から表地の布を引き出したらもうシュシュになっていてさっきまで緊張していた顔がほころびます。
輪が出来るとより可愛くする為にリボンも作ってつけちゃいます。
「布の柄で印象が変わるのね。コツも掴んだし一人で出来ちゃう?」と2個・3個と作るママさんも。
ママさん達のシュシュが出来る度、布で華やかだった机に花が咲いた様でより華やかな彩りに。

制服ズボン等のゴム替えしているママさんや、園内着のアップリケを付けているママさん。
各々で直したい物を持って来て、シュシュ隊の方に相談しては、チクチクチクチク。

「こんな機会があったら、家ではなかなかしないお直しもはかどったわ。」
小さいお子さんのいるママさんは、
「シュシュ隊の方が子どもの相手をしてくれるので、ゆっくりミシンに取り組めたわ。」
と満足いっぱいに終える事が出来ました。

出来上がった作品はどれもとても可愛くて、作品を持って帰っていくママさんも素敵な笑顔でした。
きっと家では、子ども達に喜んでもらえたと思います。

ソーイングサロン部担当の方には、企画、準備、そして当日のフォローまでお世話になり、
本当にありがとうございました。

次回の保護者会ソ−イングサロン部は、3学期に年長さん対象で小学校グッズを予定しているそうです。
裁縫が苦手な方も気軽にサロンを覗いてみて下さいね。

 

2017.11.25:バスローとうさん

ミニコンサート

 

ホールにたくさんの楽器が並べられているぞ!
ママさんブラスバンドのくりの木楽団さんが演奏して下さるんだ!(^^)!

みんなの大好きな、“夢を叶えてドラえもん”を聴くと
みんな楽しそうに歌いだして、大合唱♪
“山の音楽家”では、いろんな楽器の音を聴き比べたよ。
フルートやクラリネット、ホルン…いろいろな楽器があったな〜。
アルトサックスとテナーサックスは、形がとても似ているのに
大きさが違うと、音が違うんだよね!不思議だなぁ…(゜.゜)
他にも、“アナと雪の女王”やトトロの“さんぽ”…
みんなの知っている曲がたくさん聴けて、
とっても楽しそう!! 手拍子したり、一緒に歌ったりしていたぞ(●^o^●)
“勇気100%”では、みんなの元気も100%になっていたぞ(^O^)/!!

最後に子どもたちから、“商大幼稚園のうた”のプレゼントをしたんだ。
楽しい楽器にみんなの歌声。とっても素敵な時間だったぞ!
生の楽器の演奏にとっても感動したぞ〜(*^_^*)

 

2017.11.17:ログかあさん

大学にありがとう訪問にいってきたよ

 

「ただいま〜!!」
年長組の子ども達が、帰ってきたよ。
「みんなどこにいっていたの?」と子ども達に聞くと、
「今日は大学の理事長先生のお部屋にいってきたんだよ。」
理事長先生はお仕事でいらっしゃらなかったんだけど、
佐藤先生が、迎えてくださったよ。
みんなで声をそろえて!!
「いつもお世話になってありがとうございます。このお花をかざって下さい。」
理事長先生の机にかざってくれたよ。
理事長先生のお部屋はいろんなものが置いてあって、みんなわくわく。
「なんで?化石あるの?」
「ちっちゃい、アノマノカリスなんでいっぱいあるの?」
「囲碁なんであるの?」

理事長先生は、子どもが大好きだから集めてるんだって。
とっても楽しいお部屋だったよ。
理事長先生のお部屋から商大幼稚園がみえたよ。いつもここから見てくれてるんだね。
これからも見守ってください。

それから、大学蒼天にいってみんなでごあいさつ。
クリスマス会や入園式にお世話になっているよね。みんなで、お礼のご挨拶をしたよ。そのあと、
蒼天のホールの中に「入っていいよ」っていってくださって、舞台の上にあがらせてもあらったんだ。みんなで、歌をうたったよ。クリスマス会たのしみだな〜。

それからいつもいろんなところに一緒にいってくれて素敵な写真をとってくれる写真屋さん。
みんなでお礼をいったら、写真屋さんがみんなの笑顔が大好きって、写真をまたとってくれてうれしかったな。
ありがとう訪問にいって、いろんな人に見守られているんだなってとってもうれしくなったよ。

どきどきわくわく、嬉しくて楽しい「ありがとう訪問」だったんだね。

 

2017.11.17:ケータ

ありがとう訪問

 

 勤労感謝の日を前に昨日はありがとう訪問の日だったんだって!
センターや大学の警備員室にお花をもって感謝の気持ちを伝えに行ったよ。

 まずは、センターに訪問して先生に出てきてもらい
「いつもお世話になりありがとうございます。」みんなで言って
お当番さんが「飾ってください。」とお花を渡したよ!
「また遊びに来てくださいね。」と言ってくれたよ(*^_^*)

 次に大学の警備員室を訪問したよ。
かっこいい制服姿の警備員さんに
「いつも安全に過ごせるように守ってくれてありがとうございます。」と
みんなで言ってお花を渡したよ!

 最後に敬礼の仕方を教えてもらってみんなで敬礼のご挨拶をして帰ってきたよ。
毎日いろいろな人にお世話になって生活しているんだなぁって思ったよ。
みなさんありがとうございます。

 

2017.11.17:謎のホッパー

第2回子育てサロン     保護者会

 

平成29年11月1日、商大幼稚園プレイルームにて第2回子育てサロンが開催され、24名のママと3名の未就学児の参加がありました。
テーマは『したいこと、するべきこと、今することってなぁに?』
園生活での学びや育ち 〜運動会を振り返って〜 でした

まずは園長の築地先生より“おかあさんのかえるひ”という絵本の読み聞かせがあり、ほっこりとした雰囲気の中サロンは始まりました。

はじめに『甘えと甘やかし』についてのお話。
『甘え』は、スキンシップなどを通して親子で心のふれあいを感じ、信頼関係を育む関わりである。
『甘やかし』は、親が過剰に子どもの行動や思考に干渉し、自立を阻害する行為である。といった違いを、具体的なエピソードを交えてお話しがありました。
そして適切な甘えは、子どもの成長を促進させる効果があることを知りました。

ママ達は日頃の子育てについて振り返る良い機会になったと思います。

次は運動会について。
学年毎にどのように練習に取り組んだのか、どういった成長があったのかについて
お話しがありました。

それぞれの年齢毎に『今したいこと、すべきこと』を理解し練習に取り組んでいた様子を伺いました。
子ども達の運動会での頑張りを再確認して、感動を新たにされた方もおられたのではないでしょうか。

最後に幼稚園のホールで行われた『運動会ごっこ』を動画で見ました。
子ども達のかわいらしい姿が映ると、ママ達はそれを興味深く見つめます。
年少さんが踊ったダンスを元気いっぱいに踊る年中さん 初めてパラバルーンに触れて満面の笑みの年少さん
年下の園児に自分たちの演技を優しく教える年長さん、それに必死についていく姿…
実際の運動会では見ることの出来ない学年を超えた心の響き合いや、以前より成長した子ども達がそこには映っていました。

あっという間に時間が過ぎ、サロン終了の時間になりました。

築地先生 貴重なお話と映像を見せて頂き、ありがとうございました。

 

2017.11.16:ログかあさん

ほうかん寺さんにありがとう訪問にいってきたよ

 

「ただいま〜!!」もみのき組とくすのき組の子ども達が元気いっぱい、にこにこで帰ってきたよ。
「みんな、どこにいってきたの?」
「ありがとう訪問に、ほうかん寺にいってきたんだよ。」
「ほうかん寺さんでどんなことしたの?」
「お話きいたで。質問したら、いろいろ教えてくれた」
どんなお話だったのかな?

ほうかん寺さんについたら、住職さんがにこにこ笑顔でまっていてくれたんだって。
敷居をふまないように!!どきどきわくわく大きな門を通ったよ。「おはようございます。」
みんなで声をあわせて、「いつも、見守ってくださってありがとうございます。」
お花をみんなで渡したんだって。
それから、みんなで阿弥陀さまの前に「静かに、静かに、縁(へり)を踏まないように。」
正座ですわったよ。
住職さんは、「ぐみょうちょう」っていう、鳥さんのお話をしてくれたんだって。少し難しいお話だったけど、「誰かを傷つけるという事は、自分を傷つけるという事だよ。みんなどの人も同じ一個の命で生きているんだよ。みんなで、なかよく生きようね。」
大切なお話を教えてくださいました。
「何かきいてみたいこと!!」と子ども達に聞くと、
・ぐみょうちょうの話は本当にあったお話ですか?
・ここの部屋以外他にもあるの?
・阿弥陀さまはいつからなんでここにいるの?
子ども達のたくさんの質問に答えてくださったよ。
それから、「お寺探検」をさせてもらったんだって。
それに、お寺には、楽器のようなものもあったんだって。※りん(鈴)のことです
「どんな楽器だったの?」ときいてみると、子ども達がおもしろかったよ〜\(^o^)/と教えてくれたよ。
「住職さんが、鳴らしてくれたんだけど、大きいのと小さいのとちょっと大きなのがあって!みんな、音が違うかってんで!!。住職さんがね、年長さんと年中さんと一番小さいのが年少さんって言ってた。それから、先生もおったんやで。

こどもたち、たくさんのお話を聞いてきたんだね。それに、心にしみるお話をいただいたね。
これからも、友だちや家族を大切にする気持ちを忘れずに、大きくなるんだよ。

 

2017.11.16:アニカ

パズル完成!!!

 

今日は商大高校のお兄さんお姉さんが年中組に完成したパズルを持って来てくれたの(^^♪この間はみんなが高校にお邪魔して作っているところを見ていたから、どんなパズルができているのかドキドキわくわく!(^^)!

グループに分かれてパズルをみせてもらって
「わぁ!!すごい\(◎o◎)/」「楽しそう♪」「難しそう…」
と話しながらそれぞれのパズルで遊ばせてもらったの(*^^)v

お弁当の形のパズルや果物のパズル動物パズルなどいろいろあってみんな楽しそう♪

楽しいパズルの後は、プレイホールでお兄さんお姉さんにおんぶしてもらって『おんぶ競争』してもらったんだ(^^)v
子ども達はみんな嬉しそうな顔(^^♪

楽しい時間はあっという間。お兄さんお姉さんとお別れの時間。
「ありがとうございました。楽しかったよ♪」
また会ったら遊びたいなぁ

 

2017.11.16:謎のホッパー

枚岡公園 年少組親子遠足    保護者会

 

10月26日 雲ひとつない青空の下、枚岡公園へドングリ拾い親子遠足に行きました。
枚岡神社鳥居前に集合し、準備運動をしてから幼稚園で手作りしたドングリを入れるポシェットを
肩にかけていざ出発♪

最初は子ども同士が手をつなぎ、二列になって歩き始めます。歩き始めてすぐに急な坂道に
なりますが、子どもたちは元気な足取りでどんどんと登っていきます。
山道に入ると親子で手をつなぎ、本格的にドングリ探しの始まりです。
「大きいドングリ見つけた!」「帽子をかぶっているドングリがあるよ!」と、様々な種類の
ドングリを親子で夢中になって探します。見つけたドングリはポシェットに大切に入れて
また一歩一歩登ります。
今年の遠足では、例年の遠足では通ったことのない小道を通ったのですが、その小道に一歩足を
踏み入れると溢れんばかりのドングリが落ちており、まさにドングリの秘密の抜け道のようでした。
道中ではとても大きなミミズやカタツムリにも遭遇し、その大きさには子どもも大人もビックリ!
様々な落ち葉や花を愛でながら、枚岡公園の豊かな自然を楽しみました。

大阪平野が眼下に広がる高台の広場に着いた頃には、ポシェットの中は様々な種類のドングリや
色とりどりの落ち葉でいっぱい。そして、おなかはペコペコです。
みんなで一緒に食べるおにぎりのお味はいつも以上においしく感じられました。

最後はドングリの石碑の前で「ドングリいっぱい!!」の掛け声で集合写真の撮影をして、
親子遠足は終了。少しお疲れの表情の大人とは対照的に、子どもたちは行き道以上に元気な足取りで山を下りて行き、その様子には驚くばかりでした。
ポシェットに詰め込んだたくさんのドングリと同じくらいたくさんの思い出が詰まった
楽しい親子遠足となりました。